幼虫の写真図鑑 イモムシ・ケムシ図鑑

ミドリヒョウモン

チョウ目 タテハチョウ科 ドクチョウ亜科
Argynnis paphia
体長 (終齢)43mm前後
発生時期 10〜5月(年1化)
越冬形態 幼虫
蛹化方法 茎や葉などで垂蛹になる
寄主植物 タチツボスミレ・ツボスミレ・スミレ・ニオイスミレ・パピリオスミレ・ケマルバスミレ(スミレ科)など
分布 北海道・本州・四国・九州
ミドリヒョウモンの幼虫
ミドリヒョウモンの幼虫 : 大阪府四條畷市 2014.5.14
ミドリヒョウモンの幼虫(亜終齢)
ミドリヒョウモンの幼虫(亜終齢) : 大阪府四條畷市 2014.5.6
ミドリヒョウモンの前蛹
ミドリヒョウモンの前蛹 : 大阪府四條畷市 2018.5.9
ミドリヒョウモンの蛹
ミドリヒョウモンの蛹 : 大阪府四條畷市 2018.5.16
ミドリヒョウモンの♂成虫
ミドリヒョウモンの♂成虫 : 大阪府東大阪市 2006.6.21