クロモンアオシャクの幼虫

チョウ目 シャクガ科 アオシャク亜科
Comibaena nigromacularia
体長 (終齢)20mm前後
発生時期 6-7、9-5月?(年2化?)
越冬形態 幼虫
蛹化方法 植物片を綴って蛹室を作る
寄主植物 コナラ・クリ(ブナ科)、ヤマハギの花(マメ科)、アキニレの花(ニレ科)、ヌルデの花(ウルシ科)など
分布 北海道・本州・四国・九州
クロモンアオシャクの幼虫
クロモンアオシャクの幼虫 : 大阪府四條畷市 2018.4.23
クロモンアオシャクの成虫
クロモンアオシャクの成虫 : 奈良県生駒市 2015.7.24