幼虫の写真図鑑 イモムシ・ケムシ図鑑

カブラハバチ

ハチ目 ハバチ科 ハグロハバチ亜科
Athalia rosae
体長 (終齢)15mm前後
発生時期 5-11月(多化性)
越冬形態 幼虫(繭の中)
蛹化方法 土中で繭を作る
寄主植物 ダイコン・カブ(アブラナ科)など
分布 北海道・本州・四国・九州・南西諸島
俗に「ナノクロムシ(菜の黒虫)」とも呼ばれる。全身が黒色で、ニホンカブラハバチに似るが、胸背に小突起がないことで見分けられる。
カブラハバチの幼虫
カブラハバチの幼虫 : 奈良県生駒市 2004.10.3
カブラハバチの成虫
カブラハバチの成虫 : 大阪府四條畷市 2014.5.14