幼虫の写真図鑑 イモムシ・ケムシ図鑑

ホタルガ

チョウ目 マダラガ科 ホタルガ亜科
Pidorus atratus
体長 (終齢)25mm前後
発生時期 7-8、10-6月(年2化)
危険性 要注意
越冬形態 幼虫
蛹化方法 葉を丸めて繭をつくる
寄主植物 ヒサカキ・サカキ・ハマヒサカキ(サカキ科)、マサキ(ニシキギ科)など
分布 北海道・本州・四国・九州・南西諸島
黄色で、背面には灰色の帯が、側面には黒色の太い帯があり、よく目立つ。危険を察すると体表から毒のある粘液を出し、それが皮膚につくと痒くなる。庭木や公園、神社、雑木林などで見られる。葉の上にいることが多い。
<芋活エッセイ>ホタルガの名前の由来は
 
ホタルガの幼虫
ホタルガの幼虫 : 飼育個体(奈良県生駒市産) 2016.4.27
ホタルガの幼虫
ホタルガの幼虫 : 飼育個体(奈良県生駒市産) 2016.4.27
ホタルガの幼虫
ホタルガの幼虫 : 奈良県生駒市 2016.4.10
ホタルガの成虫、空繭、蛹殻
ホタルガの成虫と空繭、蛹殻 : 飼育個体(奈良県生駒市産) 2016.5.22